COLUMN
千明塾「女性ホルモンと50歳からの暮らし方」

年をとって、人生が美しく、楽しいものになりました。
目指すのは自然体でエレガント。科学的にナチュラルに。
衣食住・美容、自然と寄り添うこれからの磨き方があります。

松茸で長生きしよ!岡山のふや平さんで

 

IMG_0972

きれいな松茸でしょ。
岡山の後楽園のお堀端に400年続く精進料理のお店
ふや平」さんの松茸のおすまし。
松茸を噛むあの音、ばりっ。
旬のものを食べると長生きするっていうのはほんと!
美しい松茸のおすまし。
おだしは、かつおやら鶏やら、動物性のものを使わずに、こんぶだけでこのお味。
すがすがしい。深いお味。

きのこは、特別なもの。「免疫力」を高めます。
菌体はまわりの落ち葉や木くず、森の成分を溶かしながら
栄養を体に取り込みます。
なんというか、溶かして取り込むというすごい生命力の証です。
キノコは生で食べてはだめ、という所以です。お腹をこわしてしまいますから。
キノコの生き延びる力は、人の免疫力を高める力となります。
松茸はやっぱり幸せ感が違いますが、
松茸と言わず、キノコはうんと日頃から食べてくださいね。

IMG_8401

さて、もう一つ。「菊」を召し上がって。
このピンクは、わたしが酢水で茹でた山形の「菊」。
こんな価値のあるものが、この季節あまり皆さんが食べないせいかお安く手に入ります。
菊の効果効能は素晴らしい。
毒を消す力があります。デトックスして体をすがすがしくしてくれます。
そして、私たち50代の弱点、「眼」にいいのです。
それとリラックス効果。副交感神経を鎮めてくれると言われています。
毒に、眼に、リラックス。
重陽の節句、長寿のイベントに使われるだけのことはあります。
生を見つけたらこの時期だけでも食べてみて。

そして、乾燥の「菊」を見つけたら、
家に保存して、ときどき戻して酢の物を作ってください。
お湯を注いでお茶にしてもいいのです。
「菊茶」、こんなものを常用にしたら、それはそれは体の中は綺麗になりますね。
立派な植物療法です。

繊細な和の食に慣れること。
代謝が下がって、何もしなくても太りやすい私たちの
すぐにできる生活習慣病の予防法。

こんな風に食材を見てみませんか。

SHARE IT!

50歳からの磨き方

50歳からの、医療・美容・ファッション・食事・インテリア・植物療法・アロマテラピー・漢方・運動・休暇・睡眠・ボディケア…
日々のことを吉川千明が綴ります。