COLUMN
千明塾「女性ホルモンと50歳からの暮らし方」

年をとって、人生が美しく、楽しいものになりました。
目指すのは自然体でエレガント。科学的にナチュラルに。
衣食住・美容、自然と寄り添うこれからの磨き方があります。

008 この暑さ、更年期のやる気のなさには「男性ホルモン」を!

 

千明塾|ビオ代官山

写真は、やずやの新製品サプリメント「にんにく卵黄WILD」。
「WILD」
すごいネーミング!
あの食品通販のやずやさんが作った「やる気のサプリメント!」
売り切れてるらしいですよ。

この暑さ。
やる気がまったくでません。
売ってたら!買いたいくらいです。

更年期ー女性ホルモンが下がる時期です。
それに連れて男性ホルモンも下がります。
女性の中にも男性ホルモンがあります。
カスケードと言って、女性ホルモンから変化して男性ホルモンが作られます。
女性ホルモンが減っているなら、男性ホルモンも無くなっているわけです。
女性にとっても男性ホルモンはとても大事です。
やる気やファイトを与えてくれます。
意欲は男性ホルモンが作ります。
筋肉を作るのも男性ホルモン。


私はこの2〜3日、全くやる気がでませんでした。
もちろん暑さもあります。
それに加え、忙し過ぎました。
漢方では「気虚」といって、忙し過ぎのストレスも
気のエネルギーを奪っていきます。
いっぱいいっぱいは、心のエネルギーが空っぽということ。

千明塾|ビオ代官山

対馬ルリ子先生のクリニックで、
にんにく注射と男性ホルモンを注射してもらいました。
これもれっきとした更年期の治療法。
即効性があるのが特徴ですね。
ぐんと急に元気がでて、気持ちが賑やかになりました。


暑さと冷房、そして冷たい飲み物と睡眠不足。
体にも心にもよくありません。
注射はちょっとという人は、
WILDに入っているようなマカや漢方薬によく使われる
高麗人参なども心のキャパを増やします。
試してみるとよいですよ。

しかし、本当に、外にも出たくないような
うつうつとした気分になる時には、
更年期だけでなく老年期ケアとしても
男性ホルモンを投与するという治療法もあることを
覚えておいてくださるととてもよいと思います。

大事なオペや患者さんを預かる女性ドクター達だって
更年期に、意欲が低下し、やる気が全くなくなることに
困っていることがあると聞いたことがあります。
男性ホルモンで、意欲を持ち上げてあげると
体も心もとても元気になります。
とても正統的な、レギュラーな治療法の一つです。

千明塾|ビオ代官山

SHARE IT!

50歳からの磨き方

50歳からの、医療・美容・ファッション・食事・インテリア・植物療法・アロマテラピー・漢方・運動・休暇・睡眠・ボディケア…
日々のことを吉川千明が綴ります。